俺がまだ大学生だった90年代当時、音楽界はローファイ全盛期で、後にBEAT CRUSADERSを二人で始める事になる岩原さんと俺はろくすっぽ大学にも行かず、バイトやBANDに明け暮れていた。ローファイと呼ばれるBAND群でも特に、SEBADOHPAVEMENTBECKに入れ込んでた俺達は、BECKの初来日公演に張り切って出かけて行った。そこでフロント・アクトを務めていたのがコーパス・グラインダーズ

 

Copass Grinderz – Cobra (Live)

 

ドラムはビヨンズの大地くん(ダイノジ大地くん兄)。そしてギターがブラッドサースティー・ブッチャーズ吉村さん。素直に「カッコイイ!」と思った……海外のシーンに何の違和感もなく溶け込むぶっきらぼうなスタイルやサウンド。ローファイと言うよりは荒削りで、シンプルなPUNKを通過して何か新しいギター・サウンドを模索してる感じにスゴく共感したし、とにかく「自分も何か演りたい」と喚起させる力強さを秘めたアクトだった……勿論BECKも最高だったけど。

 

51-Y433SawL._AA160_

V.A.『YO YO A GO GO』

 

そしてブッチャーズの音源を初めて手にしたのは海外のコンピだった。海外勢に交じってコーパスもブッチャースも収録されており、共に吉村さんが関わるBAND。「やっぱこの人スゲェんだな!」と更に強く思うようになり、アルバム『LUKEWARM WIND』や『kocorono』をゲットし始めるんだけど……まさかその後、本人と少なからぬご縁が出来るなんて、その頃の自分は微塵も想像してなかったし、こうして今あらためて振り返ってみても、何だかとても長い長い夢を見ているみたいにも感じる。それはきっと、吉村さんの楽曲も、ギター・プレイも、そして本人の佇まいも、とてもとてもロマンティックだからなのかもしれない。「ロマンティック」っていう言葉が当てはまるのか判んないんだけど、ともかく吉村さんはとてもとてもロマン溢れる人。それが俺の持ってるロマンティシズムにピッタリと合って(よく考えると合わせてくれてたのかもだけどf^_^;)、一緒に過ごしててとても心地良かったなぁ……ご本人との実際の出会いは、またいつか気が向いたら書くね♬

(日高)

 

 

 

 

 

When I was in University, I was just a slacker, like never going to college but part-time jobs & playing in a band with IWAHARA(who started BEAT CRUSADERS). At the time we were getting into Lo-fi thing, like SEBADOH, PAVEMENT & BECK. IWAHARA & I  were really excited ’bout BECK’s Japan tour, and then we saw Copass Grinderz as a front-act.

 

Copass Grinderz – Cobra (Live)

 

The drummer from BEYONDS and the guitarist was YOSHIMURA-san from bloodthirsty butchers(another guitarist was NAGOSHI-san who plays with Chara & so many cool artists). I was impressed that they weren’t far behind from overseas act at the time(almost 20 years ago)! Really cool ‘cos they’re trying to create new sound through Punk, Grunge, Scum & etc. Made me want to play something new. Feels like they’re saying “You should do something”. Yes, BECK was also really cool, though!

 

 

51-Y433SawL._AA160_

 

V.A.『YO YO A GO GO』

 

The first butchers’ CD that I got was from USA, also made me excited!  Copass Grinderz was on the line-up as well, that made me think YOSHIMURA-san is awesome….so I got “LUKEWARM WIND“, “kocorono” & some butchers’ CDs.

At that time, I never imagined that I could be a friend with YOSHIMURA-san….right now, it’s like a long, long, long dream for me and I’m still dreaming even now. To me, YOSHIMURA-san is very very romantic guy. I don’t know how to describe it… but one thing that I can say is, YOSHIMURA-san always has his own romanticism. That made a good groove with my romanticism all the time I met him(Maybe YOSHIMURA-san tuned his groove for me, each time). Thank you very much, YOSHIMURA-san!

(Toru Hidaka)


“BLOG : 吉村さんとの出会い(その1)” への4件のフィードバック

  1. ましゅまろん より:

    日高さん、私が吉村さんに出会えたのは日高さんのおかけです。ご本人との出会い聞きたいです(*^^*)気長に待っています。

  2. ヒカリ より:

    ダカさんと吉村さんとの出逢い。
    書いて下さってありがとうございます。

    大学生の頃からとは!!

    コーパス初めて知りました。
    何か演りたいと思わせるアクトって、すごいですね。

    吉村さんも、ダカさんも、とてもロマンティックなお二人だと思ってます。
    素敵です。

    実際の出逢いのお話が聞けるのも、楽しみにしてますね。

  3. トモ より:

    私が吉村さんのギターを生で聴いた数はかぞえるほどしかありませんが、どれも強烈でとても美しい音の印象が残っています。どの音も素敵でした。

    実際のLIVEではありませんが、吉村さん、日高さん、桃野さんの弾き語りLIVEのUstのときに画面ごしに重なりあうギターの轟音に涙がでたことを覚えてます。直に聴いたわけじゃないのにこんなに感動するなんてと驚きました。あの日のUstも何だか夢のようでした。

  4. まめ。 より:

    私も日高さん。きっかけで、吉村さんの音を知り、また、日高さんと絡む吉村さんも何度か、
    見て、いい関係だなぁ。と思ってました。

    あまりに突然で、ホント震えてました。。

    でも音は鳴ってるのでまた引き出して、
    聴いてます。。

コメントを残す

©2018 THE STARBEMS. All rights reserved.